自立した生活を送りたい

自立した生活を送りたい

統合失調症の症状は落ち着いてきたが、以前のように外出することは難しく家に引きこもりがちになってしまった。周囲の人とのコミュニケーションも思うようにいかないこともあり、自信がなくなってしまった。
自立した生活を送りたいが、どうすれば良いかわからず困っている。

長浜忠彦 31歳

長浜忠彦
  • 長浜忠彦

    先生、症状も落ち着いてきたし、前のような生活に戻れるようになるでしょうか?

  • 嶋田聡志

    大丈夫だよ。治療を続けていけばだんだん戻っていくよ。

    長浜さんはまずはどんなことができるようになりたい?

  • 長浜忠彦

    家にいるばっかりじゃなくて、外に出てみたいです。

    でもコミュニケーションがまだ上手くとれないこともあるから、ちょっと不安で...

  • 嶋田聡志

    そうなんだね。そうしたらまずは精神科デイケアを利用してみたらどうかな?

    簡単なリハビリから始められるし、コミュニケーションの練習もできるんだよ。

  • 長浜忠彦

    んー。勇気を出して精神科デイケアに行ってみようかな。

  • 勇気を出して精神科デイケアに行ってみたら
  • 長浜忠彦

    精神科デイケアに通い始めてから、だんだんと外に出ていく元気が戻ってきた。

    歳が近い友達もできておしゃべりすることにも慣れてきたおかげで 、周りの人ともこれまでのようにコミュニケーションが取れるようになった 。

    この調子でリハビリを続けて、元の日常生活に戻っていきたい!

専門医からのメッセージ

病気の症状が落ち着いてきたら、日常生活を取り戻していくために徐々にリハビリテーションを始めてみましょう 。
まずは簡単なリハビリテーションを行える精神科デイケアを利用してみてはどうでしょうか。精神科デイケアでは、規則正しい生活リズムや周囲の人とのかかわり方などを学ぶことができます。

嶋田聡志

今回活用した支援

精神科デイケア

同じ病気を持つ者同士が交流し、悩みを話し合ったり、共に活動する中で、対人関係を学ぶことができます。

定期的に通うことで、規則的な生活リズムができ、気持ちはだんだん外へ向いて、社会復帰のための次のステップが踏みやすくなります。

精神科デイケア

活動内容

  • 生活技能訓練 (SST)

    生活技能訓練
    (SST)

  • 運動

    運動

  • 話し合い

    話し合い

  • 外出・ レクリエーション

    外出・
    レクリエーション

  • 料理

    料理

  • など

学べること・
身につくこと

  • 規則正しい 生活

    規則正しい
    生活

  • 対人関係

    対人関係

  • 日常作業

    日常作業

  • 病気の知識

    病気の知識

  • 持久力・ 集中力

    持久力・
    集中力

  • など

対象

生活リズムが崩れがちな方、友達を作りたい方、自分の居場所を見つけたい方 など

場所・連絡先

病院、診療所(精神科クリニック)、精神保健福祉センター、保健所などで行われています。

まずは主治医に相談し、実際にデイケアを見学・体験し利用を検討しましょう。

費用

保健所では無料です。

その他の施設では、健康保険の利用で3割負担となります。自立支援医療制度を併用した場合1割負担となります(世帯の所得に応じて自己負担額には上限があります)。

監修:東京女子医科大学医学部精神神経科 准教授 稲田 健 先生