同じ病気を持つ仲間と
気持ちを分かち合いたい

同じ病気を持つ仲間と気持ちを分かち合いたい

家族やデイケアのスタッフさんは私の話を聞いてくれるけど、私の病気の全部をわかってもらうことができなくて歯がゆい。ほんのちょっとしたことで楽しくなったり、落ち込んだりする私の気持ちも 、同じ病気を持つ仲間ならわかってくれると思うけれど、仲間の探し方がわからず、悩んでいる。

河原優香子 23歳

河原優香子
  • 河原優香子

    先生、みんなに私の感じていることとか思っていることとかを、もっとわかって欲しいと思うことがあるんですが、どうしたら良いでしょうか?

  • 嶋田聡志

    そうだね。もしかしたら、河原さんと同じ病気を持つ仲間と話をしてみると良いかもしれないね。

  • 河原優香子

    私と同じ病気の仲間?

    その人たちとはどうしたら知り合いになれるのでしょうか?

  • 嶋田聡志

    当事者会に参加してみると河原さんの仲間に出会えると思うよ。

    同じ病気を持っているからこそ分かり合えることも多いんじゃないかな。

    中には ピアサポーター としてサポートしてくれる仲間もいるんだよ。

  • 河原優香子

    同じ病気の人たちなら私の気持ちをもっとわかってくれるかも。

    先生、私が参加できる当事者会を教えてください。

  • 当事者会に参加してみると
  • 河原優香子

    勇気を持って当事者会に参加してみたら、私と同じような悩みを持った仲間に出会えた 。一緒に悩んだり励ましあったりと、とても心強い味方ができて気持ちが楽になった 。

    今度はピアサポーターになって、悩みを持っている仲間のためにがんばってみようと思う!

専門医からのメッセージ

病気のことやあなたの気持ちなど、同じ病気を持つ仲間だからこそ分かり合えることもあります。また、仲間の頑張りがあなたを励ましてくれることもあります。同じ病気を持つ仲間が集まる場に当事者会があります。また、同じ病気で困っている仲間をサポートするピアサポーターとして支援活動を始めることもとっても良いことです。

嶋田聡志

今回活用した支援

当事者会

同じ病気や問題を持つ当事者が自発的につながり、悩みを分かち合ったり、情報を得たりできる場です。病気のこと、家族のことなど同じ病気を持つ当事者だからこそ分かり合えることもあるので、あなたに大きな勇気を与えてくれることもあるでしょう。地域単位から全国規模までさまざまな当事者会があります。

当事者会

活動内容

  • 話し合い

    話し合い

  • 情報交換

    情報交換

  • 社会活動

    社会活動

  • 学習会

    学習会

  • など

学べること・
身につくこと

  • 対人関係

    対人関係

  • 社会性

    社会性

  • 病気の知識

    病気の知識

  • など

対象

友達を作りたい方、病気の悩みや相談事を抱えている方 など

場所・相談先

病院・診療所、地域、都道府県、全国規模など、大小さまざまな当事者会があります。

身近な当事者会を知るためには、お住いの市区町村、保健所などの行政機関に問い合わせてみるのが良いでしょう。

費用

参加は無料です。活動によって別途実費(交通費・食費など)が必要になることがあります。

ピアサポーター

「ピア」とは仲間という意味です。ピアサポーターは、当事者が自らの経験をもとに仲間をサポートします。地域の福祉法人やNPO法人などで支援活動をしたり、地域活動支援センターなどで働いたりしています。

ピアサポーターだから相談できることもあります。また、ピアサポーター自身も、自身の病気の経験を仲間の支援に役立てることで、勇気や元気をもらえるという相互作用があります。

ピアサポーター

監修:東京女子医科大学医学部精神神経科 准教授 稲田 健 先生