一般企業で働きたい

一般企業で働きたい

統合失調症を発症して、治療のために勤めていた会社を辞めることになってしまった。
現在は症状も安定しており、リハビリテーションを通して症状への対処法なども身につけることができた。以前のように、一般企業への就職にチャレンジしたいと思っている。

平岡和也 26歳

平岡和也
  • 平岡和也

    就労に向けてリハビリを進めているのですが、

    前のように一般の企業で働くにはどうしたら良いでしょうか?

  • 嶋田聡志

    復職まであとちょっとのところまできているようですね。

    それでは、一般企業に就職を希望する人のための就労移行支援事業を活用してみましょうか。

  • 平岡和也

    就労移行支援事業ではどんなことをするのでしょうか。

  • 嶋田聡志

    一般の企業で必要となる知識や能力の訓練をします。

    ほかにも平岡さんに合った職場を一緒に探してくれたりもするよ。

  • 平岡和也

    職場探しも手伝ってくれるのはうれしいな。

    就労移行支援事業を利用してみようと思います。

  • 就労移行支援事業の利用を始めると
  • 平岡和也

    就労移行支援事業を利用して、 仕事に必要な基本的な訓練をすることで 、もう一度社会人として働く自信がついてきた 。

    今はスタッフの人たちと一緒に僕に合った職場を探している 。

    もうすぐ働けると思い、とてもワクワクしている!

専門医からのメッセージ

病気が落ち着きリハビリテーションも順調に進んできたら、一般企業への就労を考える良い時期かもしれません。いきなり一般企業へ就労するのではなく、しっかりとした準備をすることが上手くいくポイントです。就労移行支援事業を活用して一般企業で必要となる仕事の知識や能力を高めていきましょう。

嶋田聡志

今回活用した支援

就労移行支援事業

一般企業への就労を希望する人に、就労に必要な知識や能力の向上のための訓練を行っている事業です。事業所内で作業訓練、職場実習、就労後の職場定着支援などを行います。利用期間は原則2年となっています。

就労移行支援事業

活動内容

  • 作業訓練

    作業訓練

  • 職場実習

    職場実習

  • 職場探し

    職場探し

  • 職場定着支援

    職場定着
    支援

  • など

学べること・
身につくこと

  • 作業能力

    作業能力

  • 対人関係

    対人関係

  • 仕事の知識

    仕事の知識

  • 適性のある職種

    適性のある
    職種

  • など

対象

一般企業への就労を希望する方

相談先・申請先

お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口または障害者就業・生活支援センターで就労移行支援事業所についてご相談ください。気になった事業所へは一度見学や体験に行くことをお勧めします。

利用する事業所が決まったら、お住まいの市区町村の障害福祉担当窓口で利用申請を行い、承諾され手続きが完了すれば事業所に通うことができます。

費用

基本的に利用料が必要ですが、所得により利用料がかからない場合もあります

詳しくは厚生労働省のHPをご確認ください。
(https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html)

監修:東京女子医科大学医学部精神神経科 准教授 稲田 健 先生