こころシェア

双極性障害と聞いたときは何もわからなかったわたし。
病気のことを人に言えずに落ち込んだり不安になったり、
時には周りの人が驚く行動をしたりして、心配をかけることもあった。 でも、それも全部わたしなんだ、って気づいたの。
病気を受け入れて、わたしを受け入れて、
わたしらしい毎日を過ごしていこう。

双極性障害とは?

気分が高まる躁(そう)状態と
気分が落ち込むうつ状態を
くり返す脳の病気で、
性格や心の問題ではありません。
以前は「躁うつ病」と
呼ばれていたこともあって
「うつ病」と間違われやすいのですが、
全く異なる病気で治療法も異なります。

白石真夏 白石真夏

えっ…双極性障害…?
私、うつ病じゃなかったの?

白石真夏 27歳 
都内企業で働くOL

真面目な仕事ぶりから責任ある仕事を任され、仕事量が増え気がついたら朝まで仕事をしていることも続いた。ついに体調を崩し、心配した上司から受診を勧められ、「うつ病」と診断された。
うつ病の治療薬を飲みながら、仕事に復帰したが、なかなか良くならなかった。最近、医師に「何日か徹夜で仕事をしても元気」「気が大きくなって高額な買い物をしてしまった」という経験がないか聞かれ、思い当たることを伝えてみた。すると、私の病気は「うつ病」から「双極性障害」という診断に変わり、うつ病とは異なる新たな治療が始まった。

こころ・シェア
コンテンツ

今の自分を受け入れて
前を向いていこう

双極性障害の診断になって、
新しい治療に変わったら、
良くなるのかな?

登場人物

  • 嶋田聡志

    嶋田聡志
    56歳 総合病院 精神科 部長

    日本精神神経学会専門医で双極性障害の診療経験が豊富。患者さんを中心とした治療をモットーに、一人ひとりに寄り添った治療を目指しつつも、理想と現実のギャップに悩む日々を送っている。趣味は野球観戦とジム通い。

  • 安野かえで

    安野かえで
    21歳 大学3年生

    外国語を勉強中。ダンスサークルの部長。
    半年前にうつ病と診断され、うつ病の治療を続けているが、なかなか沈んだ気分が晴れないことに不安を感じている。

  • 後藤大輔

    後藤大輔
    29歳 車の整備工場勤務

    人づきあいは苦手。もくもくと作業することが得意。うつ病から職場に復帰するも、気分に波があることもあり、元の状態に戻らないことに焦りを感じている。

監修:順天堂大学医学部精神医学講座 主任教授 加藤 忠史 先生