双極性障害の治療

双極性障害の治療では、主に薬物療法と心理・社会的療法が行われます。

双極性障害の治療

双極性障害の治療の中心は、薬物療法と心理・社会的療法です。薬物療法では、病気のコントロールに気分安定薬や抗精神病薬を用います。
心理・社会的療法では、病気に対する理解を深め対処法を学びます。また、生活習慣を見直し睡眠や生活リズムを安定させることも大事です。

薬物療法

気分安定薬や抗精神病薬を用いて治療を行います。
躁(そう)状態に用いる薬剤、うつ状態に用いる薬剤などがあり、薬剤によって期待できる働きが異なります。

薬物療法

躁状態・うつ状態での基本的な治療薬の使い方

気分安定薬は治療の基本ですが、即効性が期待できないため、躁状態になってすぐに症状を抑えたいときなどは、多くの場合、最初から鎮静作用の強い抗精神病薬を併用します。抗精神病薬の中でも、鎮静作用が強いものから弱いものまでさまざまで、うつ状態のときに使われる薬剤もあります。

気分安定薬

抗精神病薬

病状が落ち着いたら、気分安定薬を基本として、
最小限の薬で治療します。

気分安定薬

薬剤によって異なりますが、躁状態とうつ状態の気分の波を小さくし、維持する働きがあります。

抗精神病薬

躁症状、うつ症状に対して用いられます。薬剤によって、期待できる働きが異なります。
気分安定薬と併用されることが一般的ですが、単剤で使用されることもあります。

専門医からの
ワンポイントレクチャー

双極性障害の治療薬を服用していると、副作用が起きることがあります。服用していて何か気になる症状があれば主治医や医療スタッフに相談しましょう。
また、「抗うつ薬」は「うつ病」の治療に使用するものですが、双極性障害の治療においては抗うつ薬だけで治療することは推奨されていません。

嶋田聡志

嶋田聡志

心理・社会的療法

心理・社会的療法では、病気に対する理解を深め対処法を学びます。
心理教育や認知行動療法などがあります。

心理教育

病気や薬剤の性質を理解し、病気と向き合います。再発の予兆を自分自身で把握することも目標となります。

認知行動療法

うつ状態になると陥りやすい考え方のくせを自覚して、客観的な考え方をできるようにします。まず、否定的な考え(マイナス思考)に気づき、少しずつ客観的で合理的な考え方ができるように練習します。

睡眠・生活リズムの安定化

生活リズムの乱れは、症状悪化や再発の原因となることがあります。そのため、睡眠と生活パターンを安定化させることが重要です。十分な睡眠をとり、規則正しい生活を送り再発予防を心がけましょう。

心理・社会的療法

睡眠・生活リズムの安定化

専門医からの
ワンポイントレクチャー

心理教育や認知行動療法について詳しく知りたい場合は、主治医に相談してみましょう。

嶋田聡志

監修:順天堂大学医学部精神医学講座 主任教授 加藤 忠史 先生